2018年 FBA手数料改定・料金体系変更のお知らせ

 

以前メールでこんなお知らせがアマゾンから届きましたね。

 

2018年4月24日から変更になります。

 

各運送業者の運賃値上げの波によるものなのか、

それとも人件費やら様々なコストが

上がった影響によるものなのかはわかりませんが、

アマゾンメインで商売をしている身としては

あまりうれしいニュースではありませんよね。

 

 

だからといって文句を言ってもしょうがないので

どのくらいの改悪で、今後どのような形で

我々も運営していった方が良いのか?

といった視点で見ていきたいと思います。

 

まずはこれまでの料金と、これからの料金の比較ですね。

 

FBA配送代行手数料

旧料金表

 

新料金表

となっていますね。

 

見てお分かりの通り、

出荷作業手数料と発送重量手数料が別だったのが、

配送代行手数料にまとめられていますよね。

 

 

アマゾンのページ内でも、

出荷作業手数料(個数あたり)と発送重量手数料(出荷あたり)に分かれていた配送代行手数料を、配送代行手数料(個数あたり)に統合いたします。

と記されています。

 

あとはメディアとメディア以外に

分かれていたのもメディアが無くなり統合されますね。

 

 

じゃあ実際にどのくらい上がるの?

ってところが気になるところですが、

アマゾンの説明ページの比較例を見てみると、

下記画像のような感じです。

 

小型商品

現行合計245円-新料金226円=19円お得

と・・・小型商品に関しては若干ですが安くなるようです。

 

 

標準商品

一番取り扱いの多い標準商品に関しては、

現行料金合計329円-新料金360円=▲31円

1商品当たり31円手数料が上がります。

 

少額商品を数多く扱っている人はちょっと痛手ですね。

 

それよりもこれまでは配送手数料が

個数当たりの出荷作業手数料+出荷あたりの配送重量手数料

だったのが、個数あたりの配送代行手数料のみに

なったのが大きいのかなと思います。

 

 

どういうことかというと、

プロモーションで【2個以上購入で〇〇円引き】

といった設定だと、配送代行手数料が個数分

請求されることになってしまうからです。

それだとほぼ赤字になるということですね。

 

 

ちなみに大型は下記の画像のような感じで100円前後トータルで上がる感じです。

 

 

 

改善策

まあ、これまでもこういった改悪は都度あったわけで、

アマゾンのプラットホームにて

商売をさせていただいている以上は

ルールに従わなければなりません。

 

 

薄利多売で稼いでいた人には少し痛手になると思いますが、

まったく利益が取れなくなるという事ではありません。

 

しかしいつまた同じような手数料改定があるかわかりませんので、

販売手法、仕入れを都度改善、見直して行く必要はありますよね。

 

仕入原価を少しでも安く仕入れるよう努力するとか、

または高利益の中古を取り入れてみるとか、

やり方はいろいろあると思います。

 

もしくは以前から話している通り、

アマゾンだけに依存するのではなく、

ヤフーショッピング、フリマ系での販路を

開拓して取り入れるべきだと思います。

 

 

特にヤフショはおすすめですね。

同じ商品を販売しても手数料が安いので

利益率は高く確保できます。

 

 

それにアマゾンのように一つの商品に

色々な出品者が群がる形ではないので、

アマゾンより売れる個数は落ちますが

ほとんどアマゾンより数客円高く出品していますが、

それでも全然関係なく売れていきます。

 

 

 

 

一番のデメリットといってもいい出品に関しては

以前紹介したこのツールを使えば1クリックで

出品出来ます。

http://www.noriwo.info/hyss/603/

 

商品の販売ページ作成を

手動でやると一つのページを作るのに

15分~30分くらいかかりますが

このツールがあればボタン一つで済むので

超ラクチンです。

 

 

月額費用はそれなりにしますが、

バイト一人雇うという視点で見れば

かなり安いです。

 

 

月商200万以上ある人でヤフショをやっていない場合は

リスク回避のためにもヤフショは取り入れた方が良いです。

http://www.noriwo.info/hyss/603/

 

 

 

 

 

 

在庫保管手数料

配送代行手数料の他にも、

在庫保管手数料も下記のように変わります。

これまでは通年で同じ価格だったのが、

繁忙期の10-12月の期間は

保管料が上がることになりますね。

 

 

繁忙期の倉庫パンクを防ぐのが目的なのと

配送の遅延をなくすのが目的なのでしょうね。

ちなみに昨年の冬の繁忙期に

アマゾンでFBA販売した商品は

問題なく配送されましたが、マルチチャネルで

依頼した分は配送遅延が何度かありました。

 

冬期間の在庫保管量を上げるのであれば、

そこら辺の改善も期待したいところです。

 

 

また、その他にも

FBA商品ラベル貼付サービス手数料

納品不備受領作業手数料が

上がることになります。

 

詳しくはこちらのアマゾンのサイトで確認できます。

http://www.noriwo.info/hyss/604/

 

昨年度がパートナーキャリア無料とかあって

色々と出品者側にメリットがあった分、今年に入って

逆風が多く感じますけど、常に変化対応は

していかなければなりませんよね。

 

 

FBA倉庫までの配送料に関しても

個数を多くしてヤマト便を有効に使うとか、

またはFBAまでの納品時間はかかりますが、

CC便を使うとかですね。

 

 

話を戻しますが、とりあえず今直近で

やっておかなければならないことは

【プロモーション設定】で販売している人は

24日の改定までには見直しておきましょう。

 

 

ではまた