こんにちは のりをです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。^^

 

2月って毎年のことなんですが、小売業界は

だいたいどこも売り上げが落ち込みます。

 

季節的にも春物を買うにもまだ早いし、

冬物は12月と1月でだいたい買い揃えたし・・・

といった理由からか需要が落ち込むので

お店はクリアランスセールなどを行い、売上を

なんとか伸ばすべくあの手この手で集客を行います。

 

売上が落ちるのは何も一般のお店だけでなく、

アマゾンに出品している我々でもイコールですよね。

 

 

そしてそうなると毎年のことなのですが、

1月後半から2月になると売上が悪いせいか

値下げ競争が普段よりさらに酷くなります。

 

価格競争をしている出品者さんを見ると

ほとんどは評価の数が少ない初心者さんなのですが、

残念ながら評価数の多いベテラン出品者さんも

それに追従しているかたもいます。

 

 

ちょっと話がそれますが、

過去にブログで記事にしましたが、

ネット上【アマゾン】でお店を出して

販売出来るということは、リアル店舗で言えば

渋谷や新宿にお店を出しているくらいのイメージです。

 

 

でも家賃はそんなに高くないから

そのメリットは計り知れないですよね。

 

郊外型でいえばイオンモールに

出店しているといった感覚でしょうかね。

 

しかしながら、そんな恵まれたところに

出店しているのにもかかわらず、

他のお店より1円でも安く、早く売ろうと、

仕入れたばかりの商品を値下げしているのは、

本来の流通業の感覚ではあり得ない行為ですよね。

 

 

だって普通に考えてみてください。

 

渋谷や新宿に出している店舗が他店が

1円安くてもそれに合わせますか?

 

それを繰り返して分刻みで

値下げ競争なんてしていないですよね?

 

例えばイオンモールの中の雑貨屋さんで

同じ商品を扱っているお店はたくさんありますよね。

 

1円ずつ値段下げていますかね?

 

まあ・・・見たことは無いです。

 

 

こういったバカバカしいくらいの価格競争をしているのは

アマゾンに出品している出品者くらいです。

 

ちゃんとわかっている人はこういった価格競争には

参加しないです。

 

まあそれでも早くは売りたいので、

価格改定ツールで【これ以上下がらない価格】に

設定して欲しい利益は確保できる価格にしておいて

そのまま放置しているとは思います。

 

放置していても問題ないですからね。

 

価格競争を一生懸命やって早く売り抜いた商品が

1,2ヶ月後にもとの相場価格に戻るなんて現象は

当たり前のようにおきます。

 

安売りする連中はさっさと値下げ競争で

いなくなってもらい、そしてもとの相場価格で

売ったほうが結果利益も多く残ります。

 

そのころに残っている出品者さんは

価格競争はしない出品者たちです。

 

 

だからといって何でもかんでも売りきらずに

ずーっと持っておかないでくださいね。

 

【相場が戻る商品】はモノレートの見方を勉強するか

教材等を買ってちゃんと勉強してくださいね。

 

といっても経験の中でしかわからないことも

ありますからね。

 

ちなみにモノレートの見方は私の無料レポートや、

youtubeの動画でも説明しているのでそこをご覧ください。

モノレートの見方

教材はブログにおすすめ教材のページを作成しています。

http://noriwo.com/852-2

 

 

 

で、

けっきょく何が言いたいのかというと、

まあ途中にも書きましたが、安易に価格競争に

付き合って利益を落とさないようにしましょう

ということです。

 

だって本来はお金を稼ぐために始めたんですよね?

 

売れる商品でも自ら利益を削る行為自体が

本来ありえないというか、馬鹿らしい行為ですからね。

 

お客さんにとってはありがたい事でしょうけどね。^^;

 

 

ではまた