楽天さんいつもありがとう。

毎月サラリーマン時代のお給料以上のポイントが得られるのは魅力ですね。

 

利益商品見つけるならこれでリサーチを自動化がおすすめです。

【セドリオン】この電脳仕入ツール 良いです 

 

 

 

昨今の運送業者の運賃値上げにより

FBAへ送る送料がどこの業者も高くなった中、

【ヤマト便】はやっぱり安くて良いですね。

 

 

 

西濃とかも見積自体は安いのですが、

地域によってかもしれませんが

集荷の融通が利かなかったりあるので、

営業所が多くて持ち込みもしやすい

ヤマトがやはりありがたいです。

 

 

電脳せどり 自分でリサーチ

 

ほぼほぼ電脳仕入ですが、

ツールを紹介していて言うのもなんですが、

自分でのリサーチってのも大事です。

 

 

以前は優秀なツールって今ほど少なかったので

自分でリサーチしてから仕入れ対象商品を

見つけるのが当たり前でしたので、

長年やっている方ならその理由もお分かりのはず。

 

 

ツールっていうのはほとんどが

【JANコード】または

【型番】からの横断検索で

アマゾンと他のネットショップの価格差を

調べてリサーチします。

 

 

 

でも実際は型番の表記が少しずれていたり、

JANコードが記載されていなかったり

数字が間違っているなんてこともよくあります。

 

 

 

だから実際に自分の力でリサーチすると

【なんでこんなの残ってるの?】

ていうような美味しい商品を見つけられたり、

そこから派生してさらに利益の取れる商品を

見つけることも出来たりするわけです。

 

 

 

そのやり方が難しいのか?

というと、そうではありません。

 

 

 

基本は店舗せどりと一緒

 

店舗せどりと一緒で気になる商品を

一つ一つパソコン上で調べるだけだったり、

普段仕入れて販売している商品の

【キーワード】を検索窓に入れて

調べるだけです。

 

 

 

【だけ】と簡単に言いましたけど、

これがめんどくさくてすぐにやめる人が多いのも事実。

 

 

 

特に店舗に慣れている人は

パソコンで調べるのが途中で苦痛になったり

するんですよね。(過去自分がそうだったw)

 

 

 

 

あとネット仕入れは単純に

ポイントがたくさん付く日にち、曜日だったり、

割引クーポンが発行されるときに仕入れるだけで

普段仕入れ対象外の商品でも

期間限定で仕入れ対象になったりするから

そういうのも気にしながらやれば

それほど難しくないです。

 

 

 

実際に最近はツールをあまり回していませんが、

ほとんど自力で見つけてます。

 

 

 

自力といってもツールからの派生が多いんですけどね。

 

 

 

ツール(セドリオン)で利益の取れる商品を探す。見つかる。

でも出品者が多く群れている商品が多いのであまり仕入れない。

(でもその商品は売れる力があるのでその関連を調べる)

キーワード検索で各サイトをチェック。

利益の取れる商品見つかる。

大量購入可能か、リピート可能か調べる。

直接(卸)仕入れできないか聞く。

 

 

こんな感じですかね。

 

 

【ツール代たけーよ。】

って思う人はまずは自力リサーチから始めると思いますが、

どうやればいいかわからない・・・

という場合は、グーグルやYouTubeで

電脳せどりと入れればたっくさん

やり方ノウハウが出てきます。

 

 

まずはそこで調べて自分の力を磨きましょう。

で、慣れてきたらツール導入して仕入を加速すれば

良いと思います。

 

 

よく仕入過多でお金が残らないという方がいますが、

薄利でも回転速い商品扱えばちゃんとお金残ります。

無駄遣い(散財)しないというのが前提ですけどね。

 

 

 

また、投資という観点で見ても

せどりほど利回りが良い投資は

他に無いと思います。

 

 

 

 

PS

車を最近また買い換えたのですが、

珍しく100万以上する車を買いました。

(もちろん中古)

4年落ちのハイブリッド車を買ったのですが、

ガソリンが減らなくてビビりますねw

 

 

 

さっそく店仕入れにも行きましたが、

けっこう荷物も入るので一安心。

こんな感じ↓

 

まあ・・・

前の車がリッター7キロ以下だったのが、

いきなり22キロくらい走るようになったので

さっさとハイブリッドにすりゃよかったと

思う今日この頃です。

 

 

もう一台買っても前車のガソリン代より

毎月の出費が低くなるという計算になるので、

遊び用の軽自動車を今探してるところですw

 

 

 

ではまた